春は常温で。
夏はさっぱり冷製にして頂きます。

そして冬はもちろんあつあつと。

作り方も材料も変わらないのに、年中活躍しちゃう嬉しい一品!


ツナと蕪おろしうどん・横斜俯瞰_1600


ツナと・・・今回は蕪で作りましたが、大根おろしでも美味しいですょ!

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします(´∀`)
 レシピブログに参加中♪

レシピ ツナと蕪おろしのおうどん (1人分) 時間:10分

 ・ 冷凍うどん ・・・ 1パック
 ・ 水 ・・・ 2カップ
 ・ ツナ缶 ・・・ 1個(70g)
 ・ 蕪 ・・・ 1/4個
 ・ 醤油 ・・・ 大匙1
 ・ 鶏ガラスープの素 ・・・ 少々

工程1
1.耐熱容器に冷凍うどんを入れ、水を2カップ注ぐ。
2.蓋(またはラップ)をして600wのレンジで4分加熱し、水を切っておく。

1
3.蕪は皮をピーラー等でむいてからおろす。

工程2
4.大きめのボウルにツナを油ごと入れ、「2」のうどんと軽く汁気を絞った蕪おろしを加える。
5.醤油と鶏ガラスープの素を入れて、全体をかき混ぜる。

今回は、旦那様のお昼ご飯用にちゃちゃっと作りました。

ツナと蕪おろしうどん・横斜俯瞰1_1600

レッドキャベツのスプラウトを刻んで散らしていますが
ブロッコリースプラウトでも、カイワレ大根でも、小口ネギでもOK♪

お肉好きな人なので、これだけだと口寂しいかな?と思って
魚肉ソーセージ(←肉じゃないけどw)を半分ほど切って添えました。


味が薄いなぁ~と思われる場合は、醤油をかけながら調整していただければと思いますが
塩分過多にならないように、注意してくださいね♡


いつもは2人分の冷凍うどんで作ることが多いから
ツナ缶を1缶使ってるんですが、今回は1人分で。私ってば太っ腹だわ( ´艸`)

なので、なかなか食べごたえもあったようです。


冷凍うどんはもちろん普通に茹でて頂いても構いません。
レンジで行う場合は、お使いのレンジによって加熱時間が異なるかもしれません。

3分だと、ぬるい感じ(おうどんがきちんとばらけていればOK)。
夏に冷製うどんとして作る場合は逆にこのくらいでOK。

4分だと常温(今日みたいな暖かい日など)
冬なら、熱々に沸騰させた方がいいので
5分ほどを目安に加熱して様子をみてくださいね。ただし火傷に注意です!


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


今日は春らしい暖かい1日でしたね。
地元では桜まつりが開催されましたょ~(*´ω`*)
桜はほとんど咲いてなくて残念だったと思うけどね(;^_^A


つい一昨日まで、植えたときとそんなに変わらずただの棒のようだった豆苗が・・・

今日は、いきなり葉っぱわさわさの状態となりました!
昨日はみてへんから、余計びっくりなのだわ~ε=ε=(;´Д`)


豆苗0402_1600

この春は水でなく、土に直接植えて育てています。
エンドウマメまで成るといいなぁ~(*´▽`*)



よろしければ読者登録をお願いします。
ブログ更新時にラインで通知が来ま~す♪