青梗菜の下茹でを、レンチンでしてみました。

ビタミンが 豊富なお野菜だし~と思ったけど
作る手間としては普通に茹でるのとそんなに変わらないかも(;^_^A


青梗菜のあんかけ・横斜俯瞰1
 
あっさり系なんだけど・・・お箸が止まらない感じかな( ´艸`)

 (´∀`)クリック応援。よろしくお願いします(´∀`)
 レシピブログに参加中♪

レシピ 青梗菜のあんかけ (2人分) 時間:10分

 ・ 青梗菜 ・・・ 1個
 ・ 塩 ・・・ ひとつまみ
 ・ 水 ・・・ 200ml
 ・ 醤油 ・・・ 大匙1
 ・ オイスターソース ・・・ 小匙2
 ・ 酒 ・・・ 小匙2
 ・ 水溶き片栗粉 ・・・ 水+片栗粉 各大匙1
 ・ 柚子胡椒入りの七味 ・・・ お好みで

工程1
1.青梗菜は根元を切り落とし、綺麗に洗ったら耐熱容器に入れて塩を振りかける。
2.蓋をして600wのレンジで3分加熱する。

工程2
3.フライパンに水・醤油・オイスターソース・酒を入れて火にかけ、沸騰したら火を止める。
4.水溶き片栗粉を回しいれて全体にとろみをつける。
5.レンチン後の青梗菜を入れて弱火にかけ、あんをからませる。
6.お皿に盛り付けたあと、あんを上からかける。お好みで柚子胡椒入り七味を振りかける。


青梗菜のあんかけ・横斜俯瞰2

青梗菜。
実は、普段は茹でるより油でいためて頂くことが多い食材です。
栄養分から見ても、ビタミンやミネラルは油と合わせることで吸収率もアップするそうです。

今回は、あんかけをかけるだけでなく
フライパンでさっと絡めてから、盛り付けました。

青梗菜はあっさりとたんぱくな味わいなので
このひと手間であんがより絡んで味がしっかりします。

面倒な時、とにかく、さっとちゃちゃっとーってときは
絡めずにそのままお皿に盛ってから上にかけるだけでもいいけど( ´艸`)


柚子胡椒入りの七味がお気に入りで常備してて
ついつい、こうやって振りかけてしまうのだけど

普通の七味や一味をふりかけてもいいし
お子様やシニアの方への一品なら、何もかけずにそのままの方がいいかな?と思います。


それと、青梗菜をレンジではなく普通に茹でる場合、
水の量は青梗菜の半分つかる程度で沸騰させ
青梗菜を入れたら塩をふりかけて蓋をして茹でればOK。
たっぷりのお湯を作る必要はありません。
さっとゆでるだけで色も綺麗なまま出来上がりますので、ぜひお試しくださいね。



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


青梗菜って中国野菜ってご存知でしたか?
結球しない白菜の仲間です。

今回使った青梗菜は普通サイズのもので
スーパーでよく見かける2個入りのもの。
9月から1月ごろが旬な時期ですが、たいていいつでも購入することができる
お野菜の一つかなぁ~と思います。
お値段の上下もあまりしないので、嬉しいお野菜のひとつですね(*´▽`*)


まだつい最近種を植えたばかりのミニチンゲンサイは、芽も出てはきてないのだけど
どこかにあったはず~と思ってお写真を探してみました!

ミニチンゲンサイ20120114

2012年1月のお写真です。
手のひらにのるくらいのミニミニサイズ。

とっても新鮮だからか、葉っぱが出てくるとすぐに鳥さんに食べられることが多く
気が付くとなくなってる・・・ってことも多いのですが

やっぱりそれは美味しい証拠なんだろうなぁ~と
毎回お庭で植えちゃいます。

今年もちゃんと芽が出て育ってくれますように♡

よろしければ読者登録をお願いします。
ブログ更新時にラインで通知が来ま~す♪