私が今住んでるのは岐阜市ですが
なぜか心惹かれるのは、岐阜市ではなく・・・西隣の大垣市(おおがきし)。

大垣市民だった時も少しだけあるのですが
やっぱりいつかは、大垣市民に戻りたいなぁ~.。゚+.(・∀・)゚+.゚


水門川
 ○水門川と住吉灯台

大垣市は、俳人 松尾芭蕉の「奥の細道」のむすびの地であり
水の都とも言われる、自然豊かな住みやすいところだと思います。

ちなみに、大垣市には約3年前にOPENした
奥の細道むすびの地記念館
という、ちょっと歴史をお勉強しながら楽しめるところもあってお勧めです!



芭蕉の葉
 ○芭蕉の葉

これこれ。
記念館に行ったときに花が咲いていた芭蕉の葉
木、ではありません。葉なのです。
花が咲き、実がなる事はとてもめずらしいと、館の方が言われてました。



大垣城600
大垣城

天守閣から西600_2
大垣城天守閣より西方面

遠くに見えるは、伊吹山。
ひなちゅんの地元からも見れる大きな山は
子供のころから、校歌にも歌われる身近な山です。


灯台600
住吉灯台


駅付近には、大垣城をはじめ、散策できる箇所も複数あります。

カメラ片手にひなさんぽ♪



hina300


ですが、実際に歩いた時は夏真っ盛りの7月末!
しかも猛暑日で、汗をふきふきしつつではありましたが、ステキ時間を楽しみました(*´∇`*)




そして、さすが水の都!
いたるところに、水にかかわるモノがあって
暑い日でしたが、お写真だけみてると涼しげにさえ感じます。


水400
大垣公園&大垣船町川湊

奥の細道むすびの地
四季の路

四季の路600


滝の裏側


こ~んな涼しげな景色さえも堪能できちゃう。


桜の時期には、右側に移ってる船に乗って
船から桜を見あげる風景さえも楽しめます。

次は桜の季節に、ひなさんぽを楽しめたらいいな♡
なんて思う1日でした。



道600
名勝おくのほそ道の風景



新しい職場に移ってようやく1ヶ月。
すこ~しだけ、慣れてきたかな?と思い始めた今日この頃です。
慣れない職場で、思うことも、心で泣いたことも数知れず・゚・(ノД`;)・゚・


だけど、私は私の道を歩こう!
そう思った1ヶ月前から、少しは前に歩けているかな?


そんなことを思いながら
1か月前を振り返りながら書いてみました。


また1歩進む9月でありますように。
明日からもがんばろう!

そう思うのです。