先週 2/20(土) 名古屋という、決して遠くはないはずなのに
なかなか行けなかった・・・だけど、ずっと行きたいと思ってた
ノリタケの森へ行ってきました!


関西や関東のお友達が名古屋に集まったら
ぜひ、みんなとも足を運んでみたい。
そんな場所でもあります (´▽`)



ノリタケの森


この日はあいにくの雨模様でしたが
名古屋駅から徒歩15分くらいかな?
地下鉄なら一駅の場所にある、ここノリタケの森は

明治の赤レンガ建築を目の前に見ながら
洋食器の歴史を感じることの出来る素敵なところ。

名古屋の街の中にあるのに、まるで別世界へ来たかのような
静けさと雰囲気は

日常から離れて、ストレスフリーになれるような気もします(´∀`*)


ノリタケの森
 「文化と出会い、森に憩う。」

 約100年前から始まったノリタケの歴史。
 それは人々の心を豊かにする食器を作り続ける歴史です。

 高度な開発力、技術力、芸術性により、今や世界中で愛されている
 ノリタケブランドは、時代が変わっても、ものつくりの基本は変わりません。


ケルンから見る道


この赤レンガ建築は、1904年(明治37年)に建築された
日本陶器合名会社の最初の工場だそうです。
1975年(昭和50年)まで活躍したこの建物は
まさに日本の洋食器の歴史を象徴し
現在は、貴重な産業遺産としてその姿を今にとどめています。


ノリタケ食器2


ノリタケといえば、ノリタケ食器!
見るだけでなく、手に取ってお買い上げも出来るショップももちろんあります。


ノリタケ食器


どの食器も素敵で、いろんなシーンを想像しながら
見てると欲しくなっちゃうんですが・・・

そう思いながらも、私にとっての”素敵な1枚”に巡り合うまで我慢です(笑



乾杯


半年ぶりの親友との再開は「レストランキルン」にてまずは乾杯から(*´ -`)(´- `*)
今回は半年ぶりだったけど、前回は10年以上ぶりだったね。

私と同じ名前の二文字をもつ彼女と出会ってからすでに四半世紀以上。

”親友とは心の友”

と、昔、言ってくれたけど
今も変わらず親友で
なかなか会えなかった時が無かったかのように、普通すぎる私たち♡



ケルン_ランチ


フレンチやイタリアンをベースとした欧風創作料理を
華麗なノリタケ食器で頂くなんて、なんてシアワセなんでしょう~(*´∇`*)

コース仕立てのランチをゆっくりと味わいながら話も弾みます。

レストランウェディングも出来るこの「キルン」は貸切になる場合もありますので
大切な方とのお約束をする場合は、事前にお問い合わせして頂いた方が
良いかもしれませんね。


ノリタケの森にて



ここ、ノリタケの森は、全施設がバリアフリーになっており、もちろん駐車場もあります。

今度はお天気の良い日に再度来て、今回見れなかった煙突ひろばや
ビオトープも見てみたい。


また、次の機会を楽しみにしていよう~と思った1日でした♪



(´∀`)ぽちっとお願い(´∀`)
 レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



よろしければ読者登録をお願いします。
ブログ更新時にラインで通知くるので便利です♪