タイトルには入ってませんが、えのきも入ってます。
それぞれが、いいシゴトをしてくれています。

そして調味料はお醤油だけ。
ちゃちゃっと作ったら削り節を振りかけて、”あつあつ”をどうぞ!

横斜俯瞰_1600

お父さんには晩酌のおつまみとして、もちろん子供たちは、これでしっかりご飯が食べられますょ♪

(´∀`)クリック応援。よろしくお願いします(´∀`)
 レシピブログに参加中♪

レシピ 新玉ねぎと新じゃがのツナ炒め (2人分) 時間:10分

 ・ 新玉ねぎ ・・・ 1/4個
 ・ 新じゃがいも ・・・ 1個
 ・ えのき ・・・ 35g
 ・ ツナ ・・・ 1/2缶(35g)
 ・ 醤油 ・・・ 小匙2
 ・ 削り節 ・・・ 適量

工程1
1.新じゃがいもは皮をピーラー等でむき、芽の部分を取り除いたら5mmほどの細さで切って水にさらす。
2.新玉ねぎは薄くスライスし、えのきは軸を取り除いてから3等分にする。

工程2
3.水気を切った「1」をタッパなどの耐熱容器に入れて蓋(またはラップ)をし、600wのレンジで1分半加熱する。

5
4.フライパンに油ごとツナを入れる。

工程3
5.「2」と「3」も加えて加熱し、全体を混ぜ合わせながら炒める。
6.しんなりしてきたら、火を止め、醤油を回しかける。
7.お皿に盛り付け、削り節を振りかける。

新玉ねぎと新じゃがを使ってますが、もちろん年中、その時にある玉ねぎとジャガイモで作れるレシピです。
じゃがいもをレンジ加熱する場合は、透き通るくらいを目安としてくださいね。

時短にするために、火が通りにくいじゃがいもをレンジ加熱してますが
レンジを使わずにフライパンを使って炒める場合は、じゃがいもを先に入れてしっかりと炒めてください。


横斜俯瞰アップ_1600

お醤油と削り節って、なんだかほっと安心できる美味しさだと思います。

そうそう!最後にお醤油を回しかけるときですが
火にかけたまま醤油を回しかけると焦げやすくなるため、そこはもう火を止めちゃってください。フライパンの余熱だけで十分です。

新じゃがのほこほこ感と、新玉ねぎの優しい味わい。
そして、えのきのとろっと感。ぜひ、味わってみてくださいね(*´ω`*)


作る時に全く意識はしてないんですが
どうもこうして「おかず」を作ると、おつまみにもなるな~っていうものが多い気がする。旦那様も私も、呑むヒトだからかしら・・・(;'∀')(;'∀')(;'∀')


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

さて、後半はガーデニングのお話です(*´ω`*)

今日はお昼になったとたん、雨が降り出しました。
お天気予報、ぴったり!

昨日、ホームセンターへ行ったときに
実はお野菜の苗を購入して、帰ってきて速攻植えたんです。
いつもGWになると植えて~としてましたが今年は半月ほど早めの開始となりました。

でも、考えてた鉢とかコンパニオンプランツとかが揃わなかったので
今日は雨が降る前に~と別のホームセンターへOPENと同時に走りました( ´艸`)

なんとか雨が降る前に、植えかえも済み
そしてこの雨でしっかりと根が張るように、と順調に進んで安心しています。


今回新たに購入したのは苺ポット♡

0417四季成りいちご_1000

一般的なものよりも小ぶりなミニサイズです。

四季成りいちごを植えました。
いちごを育てるのは何年ぶりだろう・・・6年ぶりくらいかな?
前回育てた時に、次は絶対ポットを~と思ってたんです。

実は、今のおうちに来た時に、ワイルドストロベリーを地植えしてまして
いたるところにランナーが伸びて、今時期になると可愛い芽が出るんですが
それこそ、踏まないようにと注意が必要だったりします(;^_^A

だけど、旦那様から「あれは食べた気がしないからちゃんとした苺を!」
と所望されまして、今回の運びとなりました( ´艸`)


ちなみに、今回購入した苗は
ミニトマト・きゅうり・茄子。これは毎年恒例。
坊ちゃんかぼちゃとマイクロトマト、そしてスティックセニョールは今回お初のお迎えとなりました!

まだ時期的に小玉すいかがなかったので、今回は見送り。
きっとね・・・毎回のパターンで
小玉すいかを探しにいった時に、またほかのお野菜とかお持ち帰りしちゃいそうなんですけどね(;^_^A

それ以外にもミニ青梗菜や春菊などの春野菜や
豆苗、スナックエンドウもあるので
手を出し過ぎないように・・・財布と一緒に気持ちもしめていかなくてはです。

またそのうち、ちゃんとガーデニング記事も書きたいと思います(*´▽`*)


読者登録ありがとうございます。
ブログ更新時にラインで通知が来ます♪